会員病院紹介
中医学外来 会員病院のご案内

ますだ動物クリニック

いろいろな治療の可能性に挑みます
当院では、西洋・東洋医学の枠にとらわれずあらゆる治療の選択肢から、個々にあわせて改善が図れるよう務めております。
当院開業当初より鍼灸治療および漢方治療をおこなっており、現在では県内外より鍼灸や漢方の治療の為ご来院いただいております。
また、当院での治療経験、治療成績を今後のより良い治療や養生に生かすべく、勉強会や学会にて積極的に情報発信しております。
椎間板ヘルニアをはじめとする運動器疾患や、慢性疾患など現代医学の補完など、いわゆる東洋医療のニーズは年々高まっています。
ご家庭のどうぶつさんたちに健康で長生きできるための方法の一つとして、いろいろな方法をご提案できればと考えております。

椎間板ヘルニアをはじめとする運動器疾患への取り組みについて
当院では、椎間板ヘルニアをはじめ関節や腰の痛み・麻痺に対する内科治療を積極的に行っております。
ただし、外科手術を選択する方がよりよい治療校が得られる場合には、対応可能な病院さまへのご紹介も行っております。
従いまして、外科手術に対する治療の選択肢を完全に排除することはありませんし、外科手術後の症状改善補助としても鍼灸や漢方の併用が有効であるという考え方で診察を行っております。
外科手術、内科治療によるメリット、デメリット等を説明させていただき、治療の方向性を検討してまいります。
当院にお越しになるご家族様の多くが、鍼灸による内科治療にご関心を持っていただき、継続的に治療を受けていらっしゃいます。
特に、かかりつけ医さまで椎間板ヘルニアのグレードⅢ~Ⅴと診断され、鍼や漢方による方法をご希望され遠方よりお越しになる方も増えております。内科治療のみでも良好な経過を得られるケースが多く、感謝の声をいただいております
症状の程度や、東洋医学の診断治療で重要な「弁証論治」によって、施術の方法や漢方の処方がかわります。
くわしくは、当院にお問い合わせください。
治療方針
御家族の方と相談の上、ベストなケアができる環境を目指しています。
西洋医療と東洋医療(中医学)は、対象となるどうぶつに対して「より健康に」という目標は同じでありますが、病気や症状の概念、治療方針の立て方など異なる点がいくつかあります。
当院では、診療の際に「西洋医学の眼」と「東洋医学の眼」の両方の視点から問題を探るようにしております。
わずかな変化や異変に気が付けるか、あるいはご家族様からお話のなかで気が付けるか、ということに注力しています。
いずれの医療においても、得意分野や不得意分野があります。
また、それらをうまく組み合わせることで、相乗効果が得られることもあります。
特に運動器疾患では、治療と合わせて養生方法やご家庭でのちょっとしたアドバイスなども含めて、「ご家庭でのケア」も含めた総合的な状態の改善と、改善後のメンテナンスを重点的に行います。
鍼灸と漢方との相性はとりわけよく、鍼灸あるいは漢方単体での治療と比べ治療成績が向上することが多々あります。
院長プロフィール

2001年北里大学卒
名古屋市内、静岡県内の動物病院勤務後、2007年にますだ動物クリニック開院

所属学術団体
 比較統合医療学会
 日本獣医がん学会
 日本動物リハビリテーション学会
 日本獣医再生医療学会
 (公社)静岡県獣医師会
 災害動物医療研究会認定VMAT
 日本メディカルアロマテラピー協会認定アニマルアロマテラピスト
 日本ペットマッサージ協会理事
 ペット薬膳国際協会理事
 日本伝統獣医学会主催第4回小動物臨床鍼灸学コース修了
 専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師
 JTCVM国際中獣医学院日本校認定講師兼事務局長
 JPCM日本ペット中医学研究会認定中医学アドバイザー
 AHIOアニマル国際ハーブボール協会顧問
 中国伝統獣医学国際培訓研究センター客員研究員

中医学担当獣医師プロフィール

中医学分野・東洋医療・伝統医療に関する学術実績等
・「問題行動に対してメディカルアロマテラピーを用いた4例」
    日本伝統獣医学会第47回大会 (2011)
・JPCMペット中医学研究会 ペット中医学応用講座症例発表(2013、2014)
・「運動器疾患に対し鍼灸と中医学サプリメントを併用した治療効果」
    日本伝統獣医学会第55回大会 ポスター発表(2015)
・柴犬のための中医学講座 執筆 (Shi-Ba 2015年05月号)
・「MMD療法と中医学的療法を併用した犬アトピー性皮膚炎の2例」
    第5回中西結合小動物臨床検討会(於 北京農学院)(2015)
・PYIAペット薬膳国際協会公式セミナー基礎コース講師
・JPMA日本ペットマッサージ協会公式アカデミック基礎コース講師
・JTCVM国際中獣医学院日本校認定講師
・JPCM日本ペット中医学研究会認定「中医学アドバイザー」取得
・「椎間ヘルニアと変性性脊髄症における中学的検討」
    第3回国際中獣医専科医師病例発表会 (於 台湾大学)(2018)

ACCESS MAP

住所:〒427-0039
静岡県島田市向谷3-918-9
TEL:0547-33-6010
休診日:木・日・祝日
診療時間
診療時間(受付は診察終了30分まで)

月・火・水・金 9:00~12:00 15:00~19:00

土 9:00~12:00 15:00~17:00

※中医学外来は電話にて要予約
ホームページ
http://www.masuda-ac.jp/

病院動画