【CASE:アトピー性皮膚炎】

口の周りやお腹のあたりをすごくかゆがって、足でガリガリかいていました。そうしたら毛が抜けてきて、まっ赤に腫れてしまったんです。柴犬は皮膚が弱くてアレルギーのコが多いと聞いていましたが、まさかこんなになるとは。散歩友だちにも同じようなコがいたので聞いてみると、ステロイドを飲ませているということでした。

ステロイドは副作用が心配だなと思っていたら、先生が漢方治療をすすめてくださって、朝晩サプリメントを飲ませました。時間はかかりましたが、今ではこのとおり。かかなくなって、毛並みもフサフサしています。性格もずいぶん落ち着いた感じで、いいコになりましたよ。漢方って本当に体質改善ができちゃうんだなあと思いました。

上田 裕 先生

ステロイドに頼ることなく、
皮膚炎を改善できました。

アレルギー性皮膚炎に伴い、精神的にイライラしている状態でした。まだ若いので、少し時間はかかるけれど、体に無理な負担をかけない中医学サプリを処方しました。まず、皮膚の赤みと熱を取って環境を整え、赤みが引いた段階で少しずつ皮膚の構築を図っていきました。皮膚炎はもちろんイライラしやすい性格も見違えるように改善されたと実感しています。

ペットとわたしの中医学体験談

体験談10

体験談9

体験談8

体験談7

体験談6

体験談5

体験談4

体験談3

体験談2

体験談1

お問い合わせ

会員病院紹介

ページの先頭へ戻る