【CASE:馬尾症候群】

やんちゃでイタズラ好きなタロウが、7歳になった頃から、散歩中、私の後ろを歩くようになりました。そしてある日突然、立ち上がれなくなったんです。すぐに受診した動物病院では、何時間も検査をして、痛み止めの薬を出されただけ。もちろん何も改善されません。ご近所で噂を聞いて、わらをもつかむ思いで、こちらの病院へ来ました。

腰から尾の付け根あたりの神経障害という診断で、鍼治療を受け、朝晩飲む漢方サプリを処方していただきました。このコも気持ちいいのか、鍼が大好きで。2回目の鍼治療を受けた後には、もう普通に歩けるようになりました。先日、お友達と行ったドッグランで「よーいドン!」って言ったら、ダッと走ったんですよ。すごいうれしかったです。

澤村めぐみ 先生

鍼治療を施し、中医学サプリメントで
瘀血(おけつ)を改善しました。

中年以降の大型犬に多い「馬尾症候群」でした。中医学でいう「瘀血」、血液ドロドロの状態が原因と考え、鍼灸治療と併用して、中医学サプリメントを処方しました。痛みがあるのは、体の中で何らかの問題が起こっているからで、痛み止めを投与するというような対症療法では限界があります。食事指導も行った結果、すぐに効果が出て、見る見る改善していきました。

ペットとわたしの中医学体験談

体験談10

体験談9

体験談8

体験談7

体験談6

体験談5

体験談4

体験談3

体験談2

体験談1

お問い合わせ

会員病院紹介

ページの先頭へ戻る