日本ペット中医学研究会 研究会概要

  1. HOME 
  2. 日本ペット中医学研究会とは 
  3. > 日本ペット中医学研究会 概要

日本ペット中医学研究会 研究会概要

日本ペット中医学研究会は、中国の伝統医学である「中医学」の理論を基に研修と臨床を重ね、ペット(犬・猫)を中医学的に弁証論治(※1)することを目的とし、中医師(※2)から学びながら、ペットの治療に当たっている獣医師を中心としたオフィシャルメンバー同士が経験交流を行う研究会です。

※1)弁証論治 : 病気の過程、部位、原因、性質、正気と邪気の関係などを四診(望診、問診、聞信、切診)によって見極め、これを中医学の基礎理論(臓腑、気、血、津液)によって表し、それに対応した治療原則と具体的な治療方法を決定し、実施すること。患部だけを診て治療する(対処療法)だけではなく、身体全体を治療する(本質的治療)ことで、崩れた体内バランスを調和させること。中医学独特の考え方です。
※2)中医師:中国の伝統医学である中医学を実践する医師のこと。中医薬大学もしくは中医学院を卒業後、中医師資格試験に合格しています。中国では西洋医学の医師と同じく、病院で治療を行なっています。

目的

本研究会は、ペットの個々の身体のバランス、および自然環境とのバランスを整えることを重視した中医学理論の知識に基づいて治療を行い、「飼い主とペットが少しでも長く楽しい時を過ごす」ことを目的とします。

活動内容

ペットを中医学的に弁証論治することの普及
獣医師を中心とするオフィシャルメンバー同士の情報共有と経験交流
症例データベースの作成と拡充
中医師による研修会などの開催・運営
その他、本研究会の目的を達成するために必要な活動

設立

2013年1月

役員構成

会長石野孝かまくら げんき動物病院 院長
副会長兼学術担当理事澤村めぐみ沢村獣医科病院 統合医療センター 院長
副会長兼企画販促担当理事青柳伸介ペットメディカル久が原 院長
副会長兼総務理事上田裕麻生獣医科医院 院長
広報担当理事菅野明子すげの動物病院 副院長
組織担当理事堅木道夫かたぎ犬猫病院・川越どうぶつ医療センター 院長
会計担当理事関根秀子モナ動物病院 院長
顧問池田眞三池田動物病院 院長
顧問加藤健加藤動物病院 院長

事務局

所在地〒103-0027 東京都中央区日本橋1-14-2 (イスクラ産業株式会社内)
TEL03-3281-3402
FAX03-3281-3562
担当服部 剛、木村 泰之(E-mail:info@j-pcm.com

日本ペット中医学研究会とは

会長あいさつ

研究会概要

コンセプト

関連品情報

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る